ウエスト くびれ 作り方


ウエストくびれについて

キュッと締まったウエストのくびれは女性らしさの象徴です。くびれた体つきは洋服も似合いますし、水着になれば男性たちの視線が集まります

 

ですが、年をとるとお腹周りに脂肪がついて理想とはかけ離れた体型になっていくのが現実です。加齢により女性ホルモンの分泌量が低下するとウエスト周りにお肉がつきやすい体質になってしまうのです。

 

だからといって、くびれたウエストを諦める必要はまったくありません。ウエストがくびれる原理を理解してエクササイズを実践すれば、誰でもくびれ美人になることができるのです。

 

ウエストくびれの作り方

くびれは腹筋を鍛えることで作ることができます。
お腹の筋肉にはいくつかの種類があるので、それを理解して効果的にくびれを作りましょう。

 

腹筋には主に以下の4種類があります。

 

腹直筋(ふくちょくきん)

体の前面にある6つに分かれている筋肉です。
上体を屈伸させたり足を胸に引き上げたりするときに使います。

 

外腹斜筋(がいふくしゃきん)

わき腹にある筋肉です。
上体を屈伸させたり、ひねったりするときに使います。

 

内腹斜筋(ないふくしゃきん)

わき腹にある筋肉です。外腹斜筋の内側にあり、同じような働きをします。

 

腹横筋(ふくおうきん)

最も内側にあるインナーマッスルです。ウエスト周りにベルトのように巻かれてあります。
お腹をへこますときに使います。

 

これらのうち、外腹斜筋、内腹斜筋、腹横筋などの体の側面にある筋肉を鍛えることで、くびれのある美しいウエストラインを手に入れることができるのです。


エクササイズ 簡単な方法 芸能人の方法 ダンス バストアップ ヒップアップ グッズ